気になるいぼを排除するには|レーザー治療が効果覿面

レディ

炭酸ガスレーザーの特徴

カウンセリング

いぼが気になる人のサイト

いぼの除去は專門クリニックにて行えます。治療方法も様々なのでまずは話しを聞きましょう。

レーザーを使用した治療

いぼは身体のさまざまな部位にできる可能性があり、顔など目立つ場所にできると気になるものです。いぼは医療機関で治療することで安全に取り除くことが可能です。そのため、悩まずに医療機関の受診がポイントとなります。いぼにもいくつかの種類があり、適切な治療方法は異なります。医療機関で受けることができる治療方法のひとつがレーザーを用いた方法です。これは、医療用のレーザーを使用していぼをくり抜く治療です。周囲の皮膚に対する影響が少ないことや痛みが少ないことが特徴です。医療用レーザーにはさまざまなものがありますが、炭酸ガスレーザーが使用されます。炭酸ガスレーザーは皮膚の水分に反応する性質があり、いぼができている部位には水分が多くなっている特徴があります。つまり、レーザーがその水分に反応するということです。従来の方法であれば数回の通院が必要でしたが、レーザーを使用する場合には一回の照射で完治することもあります。ただ、体質によってはレーザーを使用できないこともあるので、実際に治療をする前にテスト照射を行います。それによって体質的に問題がないと判断されれば実際の治療が行われます。照射するときには痛みを感じないように局所麻酔が使用されます。レーザーの照射は一瞬で終わるので治療時間は短時間で済みます。そのため、複数個の治療でも時間はほとんどかかりません。ただ、体への負担などの問題から、一回の治療で照射できる回数に上限があるので、それ以上に治療すべき箇所がある場合は治療期間が長くなります。いぼのレーザー治療は治療そのものよりも治療後のケアがポイントです。適切にケアをしなければ跡が残る可能性があるからです。レーザーを照射した後の患部はデリケートな状態になっています。そのため炎症予防の軟膏などが処方されます。感染症予防にも有効です。また、跡を残さないためには患部を乾燥させないことがポイントです。これを湿潤療法と呼びます。体から分泌される浸出液が傷を治していきます。テープなどで患部を保護しながら経過観察を行います。部位によってはテープを貼ると目立つことから、肌色のテープを使用する医院もあります。レーザーを照射した後の肌は敏感な状態となっています。そのため、紫外線予防を確実に行うことが大事です。特に赤みがある期間は肌のバリア機能が低下していることから色素沈着を起こしやすい状態です。紫外線を浴びると跡が残る可能性があります。このように日常生活でさまざまなケアが必要となります。

イボ治療をチェックしよう

婦人

目立ついぼに悩んでいるならいぼの治療を受けるべきです。自分でのケアに限界を感じている方も、無理なく解消することができます。あらゆる状態に対応してもらうことができるから安心です。

いぼ除去できれいな素肌に

女性

顔のいぼが悩みであるという場合には、クリニックに行っていぼの除去を行うようにすると良いです。クリニックでは相談に乗ってもらったり、きちんと施術を受けることが可能となっています。

いぼ治療に関する注意点

看護師

いぼ治療には炭酸ガスレーザーという方法がよく使われています。痛みを最小限にして除去が可能で、たった1回の施術で終わり効果が認められる事がこの方法のメリットです。いぼの種類で治療法は異なります。

いぼ除去で綺麗な肌に

ウーマン

気になるいぼは、自分に合ったクリニックや病院で治療を受けましょう。ここでは、イボ除去治療の種類や費用をご紹介しています。安全に治療を受けるためにも知識をつけておきましょう。