気になるいぼを排除するには|レーザー治療が効果覿面

女の人
  1. ホーム
  2. いぼ治療に関する注意点

いぼ治療に関する注意点

看護師

治療後のケアも大切

炭酸ガスレーザーは表面からゆっくりいぼを削いでいきます。そのため削る厚みが調整可能ですし、削る広さや形も自由に医師の裁量で決められます。炭酸ガスレーザー治療を治療法として選択してくれるクリニックは安心して施術を受ける事が出来ますので、この治療法はウイルス製でないいぼに向いています。削るというと痛い治療というイメージを持たれがちなのですが、麻酔をかけて治療するので痛みを心配する必要はありません。実際の治療では、洗顔をした後に麻酔をします。そして、炭酸ガスレーザー処置をした後に、軟膏塗布とテープ貼るという流れで治療は進みます。削った部分は傷になっているので翌日から洗顔の際にも綺麗に洗う必要があります。そして傷が乾燥しないように軟膏を塗ってまたテープを貼ります。テープを貼ってしまえばその上からのメイクも出来ます。この治療を1週間ほど繰り返すと終了して傷跡も残らなくて済みます。治療する際、1週間ほどだとまだ赤みが残る場合があるのですがいずれ綺麗に消えていきます。たった1回の施術で完全に除去できるので優れた処置法と言えるでしょう。この施術を受けるポイントやコツはいくつかあって、洗顔の際に細菌が入り込まないよう綺麗に流水で洗う事です。細菌が入り込むと傷跡が残る可能性があります。治療費用の一例ですが、いぼの大きさ5ミリ程度で5千円、1センチ程度で1万円で顔でも体でもこの程度が相場です。いぼに限らず傷の治療は以前はよく乾かしておく事が治りを早くすると言われていました。現代皮膚科治療ではウェットドレッシング治療と言い、傷跡を湿ったまま保護しておいた方が治りがいいと考えられています。心配なこととしては、治療後に薄くしみが残る可能性があるという点です。しかし、しみ消しクリームを塗れば問題がなくなります。炭酸ガスレーザーでの治療が不向きないぼもあります。手指や顔にできるウイルス性のいぼは皮膚に傷ができると傷からどんどん広がりますので、注意しましょう。ウイルス性のいぼは液体窒素法が基本です。原因が混在しているいぼが複数ある場合液体窒素でウイルス性の患部を治療した後炭酸ガスレーザー法での治療を行います。難しいのは首いぼの治療ですが、原因によって治療方法は異なりますし、絶対に跡が残らないと断言できません。外科的治療でハサミやメスを使って除去する場合やその他の治療法を実施する事もあります。難しい治療であればきちんとこの状態を治療できるとホームページに掲載してあるクリニックを選ぶべきです。